n-LIFE

I love nature photo. Subaru Impreza WRX/Embedded SW/Snowboard/Otaku

dnsmasq: Maximum number of concurrent DNS queries reached (max: 150)

DNSで名前解決が出来ない状態になったので

$ systemctl status dnsmasq

でdnsmasqの状態を確認したところ

dnsmasq: Maximum number of concurrent DNS queries reached (max: 150)

というエラーがずらずらと記録されていた。
Wiresharkを起動してLoopbackのパケットを見てみたところ、127.0.0.1から127.0.0.53に向かってものすごい勢いでDNSのクエリが飛んでいた(このマシンはルーターとして使っており、LAN側のマシンからのDNSクエリが見えていた)。
127.0.0.53でググったところ、systemd-resolvedが/etc/resolv.confに自動的に設定するnameserverのようだった。dnsmasqを使っているので、あまり深く考えずにsystemd-resolvedを停止。

$ sudo systemctl stop systemd-resolved
$ sudo systemctl disable systemd-resolved

DNSがおかしくなっているので、中で名前解決しているらしいsudoが大変遅い)

ただしここで少し問題が発生し、今度はdnsmasqが起動しなくなった。またまたsystemctl status dnsmasqしたところ、今度は

dnsmasq: directory /etc/resolv.conf for resolv-file is missing, cannot poll

というエラーで起動に失敗していた。調べてみると/etc/resolv.confはシンボリックリンクになっており、その参照先がなくなっていた。どうやらsystemd-resolvedをdisableしたときにおかしくなったらしい。resolv.confは上位DNSサーバーを指定するファイルという認識なので、とりあえず

nameserver 8.8.8.8

にして再起動した。

しかし!今度はNetworkManagerによって上書きされてしまった!

# Generated by NetworkManager
nameserver 127.0.0.53

今度はNetworkManagerによる上書きを停止する。
/etc/NetworkManager/NetworkManager.confの[main]にdns=noneを追加する

[main]
dns=none

そして再度/etc/resol.confを作成。
これでようやくdnsmasqで名前解決できるようになった。
Linuxは過去の遺産を活かせるように、ファイルにリンクを張って別のファイルを参照させたりしてるから流れが凄く追いづらい。
その互換性が良かったりするんだけどね。

宇宙よりも遠い場所

f:id:eichimu:20180422030805j:plain

遠くて近い場所
長野県 大町市 (2018/4/22)
[Canon EOS 5D mk3 | Canon EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM | F2.8 | 13sec | ISO2000]

「宇宙(そら)よりも遠い場所」というアニメがある。普段は学校をサボることすら出来ない女子高生が、ひょんなことから一歩踏み出して南極観測隊として南極に行き、成長する物語だ。違うかもしれないが自分はそう捉えている。元々「女子高生が南極に行くとかどういうことだよ」と思って見ていなかったのだが、ひょんなことから見てみたところ、カナヅチで叩かれたほどの衝撃を受けた。そして今も心をずっと締め付け続けている。

なぜか。自分はずっと海外で写真を撮ってみたいと思っていた。絶景のサイトを開けばほぼ海外。日本の絶景は見慣れたせいかあまり入っていない気がする。とりわけオーロラは、超神秘的な絶景の極みとして、行きたいなーくらいには思ってた。しかし一歩は踏み出さなかった。一人旅の危険性、旅費、滞在、食事、言い訳を上げればキリがなかった。

では、宇宙よりも遠い場所を見て何を思ったのか。「そんなことクソくらえ!さっさと行け俺!」だった。

宇宙よりも遠い場所の主人公は女子高生だ。その女子高生たちが学校を休んでまで南極を目指した。自分を変えたい、でかいことを成し遂げたい、理由はいろいろだ。彼女らは飛行機に乗り、シンガポール・オーストラリを経由して砕氷船に乗り込んで何曲を目指す。道中、極度の船酔いや暴風域で船が大きく揺れてもそれを仲間と克服し、ついに極地、南極にたどり着く。そこでは観測隊員として日々の与えられた任務をこなし、ときには雪上車に乗り込みブリザードの中車中泊しながら観測地を目指したり、ときには過去の人間関係に別れをつけたり、友達が出来たり…そしてオーロラを見たり。

「女子高生がこんなに頑張ってるんだ。俺は何をやっているんだ。」そう強く感じた。フィクションでも。仲間と一緒に旅を、冒険をする。なんと素晴らしきか。

そして一番心に刺さったのは、めぐっちゃんだった。彼女が5話でキマリに吐露し懺悔した心中は、今の自分の状況そのものだった。彼女は俺だった。そして最終話のめぐっちゃんを見て、完全にやられた。そんなことされたら、自分も行くっきゃ無いじゃん?オーロラ見に。

ということで3月にイエローナイフに行ってきます 笑

Dex cannot parse version 52 byte code

I faced the isuue that Android Studio shows the following error message when I run the app from Android Studio

Error:Error converting bytecode to dex:
Cause: Dex cannot parse version 52 byte code.
This is caused by library dependencies that have been compiled using Java 8 or above.
If you are using the 'java' gradle plugin in a library submodule add
targetCompatibility = '1.7'
sourceCompatibility = '1.7'
to that submodule's build.gradle file.

This error message will be shown if your app is compiled with JDK1.8 and the libraries are compiled with JDK1.7.

How to fix:

Add the following configuration into your build.gradle for all the projects.

for Android plugin:

apply plugin: 'com.android.application'
android {
...
compileOptions {
sourceCompatibility JavaVersion.VERSION_1_7
targetCompatibility JavaVersion.VERSION_1_7
}
...

 for Java plugin:

apply plugin: 'java'

sourceCompatibility = 1.7
targetCompatibility = 1.7
...

 

メロンブックスの「新着アイテムのお知らせ」の停止方法が紛らわしかった

メロンブックスの「新着アイテムのお知らせ」メールがうざかったので、「お気に入りサークル管理」から新着アイテムのお知らせメール登録を全て解除したものの。一向に停止される気配がなく意味がわからなかった。

数週間後、やっぱり止まらないのでおかしいと思いよくよくマイページのメニューを見てみたところ、実は「お気に入りサークル管理」ともう1つ「お気に入り作家管理」があり、こちらが全て新着アイテムお知らせに登録されていた。

これらを全て解除して、ようやく新着アイテムのお知らせが来なくなった。(これを書いているのは解除直後なので、まだ希望的観測)